活用事例

嫌気性接着剤を高精度・安定塗布したケース

液体名
嫌気性接着剤
業界
電機・機械

現状の課題

緩み止め用接着剤をねじに塗布しているが、既存の塗布装置では、

  1. 吐出量が不安定で、塗りすぎてしまうことが多く、ねじを締めた時のはみ出しを拭き取るのに手間取っている
  2. はみ出さないように調整したいが、なかなか思い通りにならない
  3. 停止中に接着剤がたれてくるので、周辺装置に付着して困る

などの課題がある。

解決方法とメリット

嫌気性接着剤対応のヘイシンディスペンサー3HD010RG30型を採用した。

  • 定量性に優れた一軸偏心ねじポンプと同じ構造なので、塗布量を必要最低限にでき、拭き取りの手間と材料ロスを削減できた。
  • 吐出量が回転速度に正比例するため、簡単に塗布量を調整でき、調整時間を大幅に短縮できるようになった。
  • ローターとステーターの作り出すシールラインがバルブ機能を果たしているので、停止時の液ダレがなく、清掃作業を削減できた。

実装機に搭載したヘイシンディスペンサー

ページの先頭へ